アルコール分解に甘いものがいい?

アルコール分解に甘いものがいい?

お酒を飲んだ後は、甘いものが食べたくなります。おかしいのでしょうか?

肝臓をフル稼働させるために、大量の糖分が必要になるためです。

 

アルコール分解に甘いものがいい?


アルコール分解のしくみ

アルコールを分解するために、肝臓はフル稼働状態になります。

 

すると…肝臓を働かせるために、大量の糖分が必要になるんですね。

 

血糖値ががくんと落ちる

肝臓で消費された糖分のせいで、血糖値が激しく落ちます。

 

そうすると…お腹が減って、糖分を食べたくなるんですですね。

 

甘いものが食べたくなる

酔うとケーキや羊羹、大福などの甘いお菓子が食べたくなった経験はないでしょうか?
また、ラーメンや鍋のシメのおじやなどが美味しいと感じたことは?

 

実はコレ、アルコールを分解するために、体が大量の糖分を消費したからだったんですね。

 

ちなみに、日本人よりもアルコール分解能力の高い欧米人は、お酒のあとに甘いものや炭水化物(=糖分)をとりたくならないそうです。

 

甘いものをいっきに食べるとどうなる?

人によっては「シメパフェ」と言って、お酒のあとにチョコレートパフェなどを食べるそうです。

 

飲酒後に大量に糖分を取って問題はないんでしょうか?

 

甘いものの一気食いで、血液が高血糖状態になります。

 

慢性的な高血糖になると、糖尿病に発展するおそれがあります。

 

飲酒後に「甘いものを食べたいっ!」という衝動を抑えるためには、低脂肪高タンパク質のおつまみ(豆腐、枝豆、イワシ、鶏肉など)を取るのが良いです。

 

高タンパク低脂肪おつまみは、血糖値をおさえつつ、アルコールの分解を促進してくれるんですね。
(脂っこいつまみは、高血糖になりやすいです。焼き鳥とかサイコーにおいしいんですけどね…)

 

まとめ

  • 飲酒後の甘いもの一気食いは、続けると糖尿病に発展する恐れあり
  • 脂っこいつまみは、高血糖になりやすい。
  • 高たんぱく低脂肪なつまみ(豆腐、枝豆、イワシ、鶏肉など)は、積極的に摂ると良い。

 

>>>アルコール分解サプリランキング<<<