アルコールは汗をかくと抜ける?

お酒に酔ったとき、汗をかくと抜ける?

お酒飲み過ぎて酔っ払ったとき、体内のアルコールって、汗をかくと抜けやすくなるものなんでしょうか?

 

汗で体内から抜けるアルコールは全体の数%。汗だけではなかなかお酒は抜けません。

 

アルコールは汗をかくと抜ける?


お酒を飲むとなぜか汗が出る

お酒=アルコールが分解されると、水と炭酸ガスが出ます。

 

水は、尿や汗となって排出されるため、自然に汗が出てくるんですね。

 

寝る前にお酒を飲むと、やたら寝汗をかくっていう経験ありませんか?

 

お酒が汗で抜けることは、ほとんどない

汗をかくことで、体内で処理しきれなかった一部のお酒=アルコールは体から抜けます。

 

しかし、汗として排出されるアルコールは数%。お酒に酔った時に無理やり運動して汗をかいたとしても、ほとんど効果がないでしょう。

 

逆に、体に入ったお酒から、水分だけが出て行くため、脱水状態になります。その結果、血中アルコール濃度が高くなり、脳卒中などの原因になります。

 

お酒を抜くためにお風呂に入るのは逆効果

「汗をかけばお酒が抜けると思って、お風呂に入った」というのは、実はとっても危険。

 

汗をかくことで、水分だけが体から出てしまって、血中アルコール濃度があがります。急性アルコール中毒になってしまう危険性あり。

 

お酒を抜くには、水分を多くとる

アルコールを分解すると、水分が尿として体外に出ます。夏なら、汗もだくだく出てくるかも知れません。

 

そこで水をゴクゴク飲んで水分補給。血中アルコール濃度を下げるとともに、水分を体内に送り込んで、アルコール分解を促進してやるんですね。また、単純に脱水症状を防ぐためにも重要です。

 

参考)アルコール分解には大量の水が必要?