お酒に強くない人のための、酔わない方法とは?

「今日はちょっと酔いたくないな…」
「お酒弱いけど、飲み会参加しなきゃいけない…」

 

というときにベストなのは?
いろいろ試してベストだったのがこちら。

 

スパリブ
お酒を飲んだことをなかったことにするサプリ(飲んでみた)

 

その他のお酒に酔いにくい方法のうち、これはっ!?と思うものをまとめてみました。

 

アルコール分解サプリ ランキング

 

おつまみにチーズ、肉を食べておく

アルコール分解サプリ ランキング

 

お酒を飲む前に、消化に時間が掛かるものを食べておくと、アルコールの消化を遅らせることができます。おつまみを先に食べておくってことですね。

 

新町クリニック健康管理センターの高木先生によると…

 

口から入ったアルコールは胃袋ではその20%が吸収されます。

アルコールのほとんどは小腸で吸収されます。

 

胃の中に食べ物があると、小腸への移行が遅れるので悪酔いを防いでくれます。


出典:アルコールに関連した医学的問題

 

消化に時間がかかるものを食べるほど、アルコールが小腸に行くのが遅れます。

 

そのため、空腹だと酔いが回りやすいんですね。

 

とはいっても、満腹になるとお酒を飲む気もなくなってしまいます。

 

そこで、お腹にたまらず消化に時間がかかる食べ物が、おつまみに最適。

 

チーズや焼肉など、脂質が多い食べ物です。

 

食品ごとの胃内停滞時間
出典:東京メディカルセンター 給食だより

お酒と同じ量の水を飲む

アルコール分解サプリ ランキング

 

ウィスキーやブランデーなどでよくやる「チェイサー」のように、お酒を呑んだら同じ量の水を飲むようにします。

 

「酔い」というのは、血液内のアルコール濃度で決まります。

 

例えば、体重の重い力士は一般人よりもはるかに酔いにくいです。
人間の4/3は水分で構成されているからですね。

 

お酒と同じ量の水を飲んでアルコール濃度を薄めれば、胃への刺激が弱まるとともに、トータルの酒量も抑えることができ、酔いにくくなります。

 

漢方薬やサプリの力を借りる

漢方薬やサプリの力を借りる

 

アルコール分解サプリ ランキング

 

薬は基本的にアルコールと一緒に飲んではダメ。ただし、漢方薬やサプリには、飲むことで酔いを抑えることができるものもあります。

 

漢方薬の黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を事前に飲んでおくと酔いにくくなります。

 

黄連解毒湯は、お酒を飲んで赤くなる、体が熱くなるタイプの方に向いているという。「飲むとすぐ顔が赤くなっちゃって…」と嘆くアルコールに弱い人、アルコールに弱いが仕方なく酒席に付き合わなくてはいけないときに効果を発揮してくれそうである。

出典:医師が選ぶ二日酔い・悪酔い対策の漢方薬

 

柿を食べると酒に酔わないって本当?

「柿を食べると、酒に酔わない」という説が、昔からあります。

 

柿で酔い防止

 

本当なんでしょうか?
だとしたら、どういう仕組で酔わないの?

 

京都府立医科大学名誉教授 小片重夫氏が、動物実験で効果を確認した論文がありました。

 

実験結果は…?

飲酒前に柿の果汁を飲ませたうさぎは、血中アルコール濃度が低めで、下がり方も早かった。

飲酒後に柿の果汁を飲ませたうさぎは、血中のアセトアルデヒド量がやや低かった。(アセトアルデヒドは、アルコールからできる酒酔い成分)


柿の実のアルコール酩酊への効果 京都府立医科大学

 

柿のタンニンやペクチン、シブオールがアルコールの吸収を妨げるのでは、と考えられています。

 

飲む前に柿の果汁を飲むと酔いにくい、ということですね。

 

ただ、柿の果汁ってイマイチ手に入りにくいんですよね。
干し柿でも良さそうですが、飲み会前にちょっと柿を食べるって、ハードル高くないですか。

 

ちょっと使いづらいなぁ−、という気がします。